秋田代表の脇一潟西あす初戦 全日本学童野球

※写真クリックで拡大表示します
秋田県代表の脇一潟西=神宮球場
秋田県代表の脇一潟西=神宮球場

 小学生野球の高円宮賜杯第42回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメントの開会式が8日、神宮球場で行われ、米大リーグのレッドソックスなどで活躍した上原浩治さんが始球式に登板し「誇りを持って最後まで笑顔でプレーしてほしい」と球児を激励した。

 今大会は熱中症予防のために午前、午後の2部制で実施。午前は8時30分から2試合、午後は4時から2試合が行われる。試合は6イニング制で、1時間半を超えて新しいイニングに入らない。


 各都道府県代表の50チームが参加し、9日は東京都内の7会場で1回戦を実施。決勝は14日に駒沢球場で行われる。

 秋田県代表の脇一潟西(男鹿市)は10日、町田市の小野路球場で行われる2回戦で土岐津野球ク(岐阜)―野沢少年野球ク(長野)の勝者と対戦する。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース