県内で過去最多の1332人がコロナ感染 秋田市540人

※写真クリックで拡大表示します

 秋田県と秋田市は9日、新たに1332人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。これまで最高だった7月26日の1284人を上回った。県はこれまで発表した感染者のうち6人を取り下げ、累計は5万3734人。

 新規感染者の保健所別内訳は秋田市540人、大館160人、北秋田48人、能代141人、秋田中央66人、由利本荘84人、大仙171人(県外在住者2人含む)、横手93人、湯沢29人。重症者はいない。

 新たなクラスター(感染者集団)は、秋田市の障害者施設(これまでの感染者14人)、北秋田保健所管内の未就学児向け教育・保育施設(11人)と社会福祉施設(7人)、能代保健所管内の未就学児向け施設(7人、5人)、由利本荘保健所管内の職場(8人)、湯沢保健所管内の部活動(7人)。

 県はこのうち、由利本荘保健所管内の職場について、県由利地域振興局福祉環境部だと発表。6人は保健所職員。業務に支障はない。

 既に公表されているクラスターのうち、4日公表の大館保健所管内の高齢者施設は71人、病院は66人、2日公表の北秋田保健所管内の社会福祉施設は78人にそれぞれ感染者が増えた。

新型コロナウイルスに関する記事はこちら

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース