小坂町の国道454号、土砂崩れで通行止め

※写真クリックで拡大表示します

 秋田県は9日、小坂町十和田湖滝ノ沢の国道454号で大雨によるとみられる土砂崩れが確認され、大きな災害につながる恐れがあるとして、青森県境までの4・1キロを午後2時から全面通行止めとしている。人や車は巻き込まれていない。

 県鹿角地域振興局によると、大雨で付近を見回っていた職員が、石などが道路を覆うように、10メートルにわたって散らばっているのを見つけた。迂回路があるため、道路沿いの建物内などで孤立している人はいない。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース