戦前の通信社の報道写真公開 7千枚をデジタル化

※写真クリックで拡大表示します
「新聞通信調査会」が公開した日独伊三国同盟締結当時の写真
「新聞通信調査会」が公開した日独伊三国同盟締結当時の写真

 公益財団法人「新聞通信調査会」は戦前の通信社である新聞聯合社と、その後継の同盟通信社が1932年7月~40年12月に新聞社向けに配信した報道写真約7千枚をデジタル化し、9日からホームページで公開を始めた。

 調査会によると、写真は2019年に調査会の職員が国立国会図書館で別の資料を探していた際、偶然見つけた。同盟は終戦時に社内に保存していた写真やフィルムを焼却、これほどまとまった数の写真が見つかるのは珍しい。

 日満議定書の調印や盧溝橋事件、日独伊三国同盟締結など昭和史の節目となった出来事、昭和三陸津波やベーブ・ルース来日など当時を伝える写真が含まれている。

お気に入りに登録
シェアする