男子バレー石川、西田ら代表入り 世界選手権

※写真クリックで拡大表示します
男子世界選手権の日本代表メンバーに選出され、取材に応じる主将の石川祐希=9日
男子世界選手権の日本代表メンバーに選出され、取材に応じる主将の石川祐希=9日

 日本バレーボール協会は9日、男子世界選手権代表選手を発表し、主将の石川祐希(ミラノ)や西田有志(ジェイテクト)高橋藍(日体大)ら14人が名を連ねた。26日からポーランドとスロベニアで開催され、日本は1次リーグでカタール、ブラジル、キューバと対戦する。

 昨夏の東京五輪と今年のネーションズリーグは、ともに準々決勝へ進出。石川は「8強に入る力が確実にあることを、まずは証明したい。そして準決勝まで勝ち進みたい」と目標を掲げた。7月に左足首を捻挫した影響でチーム練習に合流できていないが「ベストコンディションで臨めるように調整している」と回復しつつある様子。

お気に入りに登録
シェアする