仙北市の三セク施設、新会社が管理へ 公共施設や市民バスなど

会員向け記事

 秋田県仙北市議会は9日、臨時会を開き、4回目の新型コロナウイルスワクチンの接種費用や防災行政無線維持管理費を盛り込んだ22年度一般会計補正予算案や財産取得案、指定管理者指定案計8件を可決、閉会した。

 補正予算は3413万円で、累計208億9078万円。ワクチン接種費用は医療従事者などを対象とした4回目の接種に関するもので2919万円。防災行政無線維持管理費は402万円で、雪害により破損した中継局のアンテナを修繕する。

お気に入りに登録
シェアする

同じジャンルのニュース