安倍晋三氏国葬、2億円が指標 内閣府、野党議員に説明

※写真クリックで拡大表示します
安倍晋三元首相
安倍晋三元首相

 内閣府は9日、安倍晋三元首相の国葬費用について、中曽根康弘元首相の内閣・自民党合同葬で2億円弱の予算がかかったとして「それが一つのメルクマール(指標)となって検討されている」と説明した。担当者が野党ヒアリングで明らかにした。

 同時に、2億円弱について「式典にかかる費用だ」と説明した上で「警察当局が警備などで、どのように経費を手当てしたかは把握していない」と語った。

 国民への弔意強制が懸念されていることには「国民一人一人に喪に服することを求めるものではない」と強調した。

お気に入りに登録
シェアする