立民、旧統一教会と関係禁止 所属国会議員に通知

 立憲民主党は、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関係を禁じる通知を所属国会議員に出した。西村智奈美幹事長名で「今後、会合出席やメッセージ送付を含め、一切関係を持たぬよう徹底していく」としている。

 立民は同日、旧統一教会被害対策本部などの合同会議を開き、関係省庁からヒアリングを行った。文化庁は2015年の名称変更の経緯に関し、当時の文部科学相だった下村博文氏に「申請を受理する前と認証する前の計2回報告している」と説明。申請を巡り、教団側から「弁護士と相談した結果、受理しないことは法的におかしい」との指摘があったと明らかにした。

お気に入りに登録
シェアする