先発三浦、エースの自覚胸に 救援森岡、夢のマウンドほろ苦く

有料会員向け記事

 能代松陽のエース三浦凌輔(3年)は「初回をゼロに抑え、流れを持ってきたい」とイメージしていた。先頭打者をフルカウントから投ゴロに打ち取ると、2者連続三振。上々の立ち上がりだった。

能代松陽、聖望学園に敗れる 夏の甲子園1回戦

 力強い直球が持ち味だが、この日は制球重視を心がけたという。しかし相手打線はわずかに甘く入った球を逃さなかった。バントや盗塁、エンドランで確実に得点圏に走者を進め、しぶとく単打で得点。工藤明監督は「うちと似たような攻め方をすると思っていたが、より高いレベルで相手にやられてしまった」と唇をかんだ。

お気に入りに登録
シェアする

同じジャンルのニュース