羽後町、災害時にドローン活用 自動車学校と協定

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
災害時のドローン活用に関する協定書を交わした安藤町長(左)と高橋社長
災害時のドローン活用に関する協定書を交わした安藤町長(左)と高橋社長

 秋田県羽後町は、町内で小型無人機ドローンの操縦法などを学べるスクールを開設する「羽後自動車学校」(高橋茂夫社長)と、災害時のドローン活用に関する協定を締結した。

 協定は、町内で地震や風水害、大規模な事故などが発生した場合、町の要請に応じて同社がドローンで被災状況を撮影、町に情報提供する。上空から被災者の捜索支援も行うほか、町主催の防災訓練にも参加してもらう。

お気に入りに登録
シェアする

同じジャンルのニュース