同じほこらに再びクマか 由利本荘の民家敷地、窓ガラス破損

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
ツキノワグマ(資料写真)
ツキノワグマ(資料写真)

 11日午前6時半ごろ、秋田県由利本荘市館字鮎上表の民家敷地内にあるほこらの窓ガラスが割れているのを住民の80代女性が発見した。クマの足跡が残っており、由利本荘署はクマによる被害とみている。けが人はいなかった。同じほこらでは10日もトタン製の壁が壊され、ほこらから出てくるクマが目撃されている。

お気に入りに登録
シェアする

同じジャンルのニュース