台風で13日は警報級大雨か 東海や関東甲信、高波も

 台風に変わる見込みの熱帯低気圧が日本の南から北上し、13日ごろ東日本の太平洋側にかなり接近する見通しだ。13日は東海や関東甲信、伊豆諸島で警報級の大雨や高波の可能性がある。気象庁は、台風の勢力としては比較的強くない規模だとみているが、お盆休みに重なるため警戒を呼びかけている。担当者は「外出先などの気象状況を確認し、余裕を持って行動してほしい」と話した。

 気象庁によると、熱帯低気圧は11日正午現在、日本の南を時速約20キロで北北西へ進んだ。中心気圧は1006ヘクトパスカルで最大風速15メートル、最大瞬間風速23メートル。

お気に入りに登録
シェアする