旧統一教会関わり説明不足89% 内閣支持は微増、54%に

※写真クリックで拡大表示します
国会議事堂
国会議事堂

 共同通信社が第2次岸田改造内閣発足を受けて10、11両日に実施した全国緊急電話世論調査によると、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と自民党国会議員との関わりについて、自民党や党所属議員の「説明が不足している」との回答が89・5%に上った。「十分に説明している」は6・9%にとどまった。岸田内閣の支持率は54・1%で、昨年10月の内閣発足以来最低となった7月30、31両日の前回調査から3・1ポイント増えた。不支持率は28・2%だった。

 有効回答者数は固定電話423人、携帯電話629人。

お気に入りに登録
シェアする