戦時中に祖父が持ち帰った油田のアルバム、持ち主は?

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
アルバムにあったパレンバン油田周辺とみられる写真
アルバムにあったパレンバン油田周辺とみられる写真

 秋田県由利本荘市田町の元高校教諭・佐々木昌喜さん(68)が、太平洋戦争中に祖父が持ち帰ったアルバムの持ち主を探している。東南アジアの油田で働いていた西欧人技術者のものとみられるが、手掛かりはつかめていない。佐々木さんは「平和な時代になったら持ち主に返したいと、祖父は思っていたのではないか。自分もできるだけのことをしたい」と話す。

お気に入りに登録
シェアする

同じジャンルのニュース