1週間程度、警報級の大雨の可能性 気象台、注意呼びかけ

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
秋田地方気象台(資料写真)
秋田地方気象台(資料写真)

 北日本に停滞する前線や前線上の低気圧に向かって流れ込む温かく湿った空気の影響で、秋田県内は大気の状態が非常に不安定な状態が続き、13日も雷を伴った非常に激しい雨が降る見込み。秋田地方気象台は、今後1週間程度は警報級の大雨が降る可能性があるとして「降り続いた雨で災害が発生しやすい状況になっている」と注意を呼びかけている。

 気象台によると、13日午後6時までに県内で予想される24時間雨量は100ミリ。


住んでいる地域の避難場所を確認できます
秋田の洪水・土砂災害リスクマップ

お気に入りに登録
シェアする

同じジャンルのニュース