原発攻撃、1基が稼働停止 国連安保理でIAEA局長

※写真クリックで拡大表示します
11日に開催された国連安全保障理事会=ニューヨーク(ロイター=共同)
11日に開催された国連安全保障理事会=ニューヨーク(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は11日、ウクライナ南部にある欧州最大級のザポロジエ原発への攻撃について協議する公開会合を開いた。国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長がオンラインで参加し、攻撃によって送電網の一部が被害を受け、原子炉1基が稼働を停止したと明らかにした。

 専門家の初期評価では「攻撃は原発の安全性をただちに脅かすものではなかった」とした一方、状況は急変する可能性があると警告した。ロシアとウクライナに対し、IAEAの専門家による現地調査を早急に許可するよう求め、自身が調査団を率いる意思があると表明した。

お気に入りに登録
シェアする