ベイルートの銀行、男が一時籠城 引き出し制限に激高、同情も

※写真クリックで拡大表示します
レバノン・ベイルートの銀行内で、たばこを持ちながら人質と話す男=11日(AP=共同)
レバノン・ベイルートの銀行内で、たばこを持ちながら人質と話す男=11日(AP=共同)

 【カイロ共同】深刻な経済危機が続く中東レバノンの首都ベイルートの銀行で11日、自分の預金を引き出せないことに激高した男が一時、行員らを人質に取って行内に籠城した。男は銃を持っていたが最終的に治安当局に投降し、けが人は報告されていない。地元メディアなどが伝えた。

 現場は繁華街ハムラ地区。レバノンの銀行は預金の引き出しを制限しており、経済危機に苦しむ市民からは男への同情の意見や「英雄」と称賛する声も出た。レバノンでは1月にも同様の事件が起きていた。

 報道によると男は42歳で、父親の医療費支払いのため引き出しを求めていた。

お気に入りに登録
シェアする