名電、近江など3回戦へ 全国高校野球選手権第7日

※写真クリックで拡大表示します
八戸学院光星―愛工大名電 10回裏愛工大名電無死二、三塁、美濃が中前にサヨナラ打を放つ=甲子園
八戸学院光星―愛工大名電 10回裏愛工大名電無死二、三塁、美濃が中前にサヨナラ打を放つ=甲子園

 全国高校野球選手権大会第7日は12日、甲子園球場で2回戦4試合が行われ、愛工大名電(愛知)近江(滋賀)明豊(大分)海星(長崎)が3回戦へ進んだ。

 愛工大名電は八戸学院光星(青森)に延長十回、6―5でサヨナラ勝ち。美濃が適時打で試合を決めた。

 今春の選抜大会準優勝の近江は鶴岡東(山形)を8―3で下した。山田は2本塁打を含む11安打を許したが、12三振を奪って3失点完投。

 明豊は一関学院(岩手)に7―5で競り勝った。九回に牧野の適時打などで2点を勝ち越した。

 海星は天理(奈良)に4―2で勝利。序盤の得点を向井、宮原の継投で守り切った。

お気に入りに登録
シェアする