金施佑とスポーンが首位発進 米男子ゴルフ第1日、松山は欠場

 米男子ゴルフのプレーオフ第1戦、フェデックス・セントジュード選手権は11日、テネシー州メンフィスのTPCサウスウインド(パー70)で第1ラウンドが行われ、62をマークした金施佑(韓国)とJ・J・スポーン(米国)が首位に並んだ。1打差の3位はサヒス・ティーガラ(米国)。松山英樹は首痛のために欠場した。(共同)

お気に入りに登録
シェアする

全国の最新ニュース