市川さんら拉致から44年 兄ら情報呼びかけ、鹿児島

※写真クリックで拡大表示します
通行するドライバーに情報提供を呼びかける市川修一さんの兄健一さん=12日午前、鹿児島県日置市
通行するドライバーに情報提供を呼びかける市川修一さんの兄健一さん=12日午前、鹿児島県日置市

 北朝鮮による拉致被害者の市川修一さん=失踪当時(23)=と増元るみ子さん=同(24)=が鹿児島県で消息を絶ってから44年となった12日、失踪現場となった日置市の海岸近くで市川さんの兄健一さん(77)がチラシを配布し、情報提供を呼びかけた。

 通行する車に停止してもらい、健一さんは「何か情報があれば連絡をお願いします」とドライバーに依頼した。市川さんと増元さんの等身大のパネルも現場近くに設置し、日置署員ら約50人が参加した。

 健一さんは「せめて私が生きているうちに弟に会いたい」と話した。

 2人は1978年8月12日、吹上浜に夕日を見に出かけ消息を絶った。

お気に入りに登録
シェアする