日野自動車に米で賠償訴訟 トヨタにも、不正で損害

 日野自動車は12日、米国で販売された2004年から21年モデルのトラックの購入者らが、過去の不正行為により損害を受けたなどとして、日野自や米子会社、親会社トヨタ自動車に対し、損害賠償などを求める集団訴訟を起こしたと発表した。提起は現地時間の5日付。

 日野自によると、20年7月からエンジン認証に関する不正の疑いで米司法省の調査を受けている。原告は米企業とみられ、損害賠償などの額は500万ドル(約6億6千万円)を超えるとしているが、具体的な額は明らかにされていないという。

 日野自は訴状の正式な送達を受け次第「請求内容を精査した上で適切に対処する」としている。

お気に入りに登録
シェアする