バスケ、日本がラトビアに2連勝 女子国際強化試合

※写真クリックで拡大表示します
日本―ラトビア 第1クオーター、攻め込む渡嘉敷(手前左)=ゼビオアリーナ仙台
日本―ラトビア 第1クオーター、攻め込む渡嘉敷(手前左)=ゼビオアリーナ仙台

 バスケットボール女子の国際強化試合は12日、ゼビオアリーナ仙台で行われ、世界ランキング8位の日本は同24位のラトビアを74―48で下した。11日に続く2連勝で9月のワールドカップ(W杯)前に国内で行われる最後の実戦を締めくくった。

 前半は3点シュートを8本沈めて43―31とリード。後半も運動量は落ちず、点差を広げた。3点シュートを3本決めるなど攻守両面で活躍した東藤(トヨタ紡織)がチーム最多の16得点した。

お気に入りに登録
シェアする