地方点描:揺るがぬ熱意[大曲支局美郷町駐在]

会員向け記事

 変わりやすい山の天気とは対照的に、変わらぬ思いで山に登り続けている人がいる。

 美郷町の大川清一さん(59)は、北東北の山々を30年間撮影している山岳写真家だ。29歳の時に初めて鳥海山へ登り、自然の美しさに心を打たれた。「この感動を誰かに伝えたい」。その気持ちが活動の原点となった。

 撮影時間は、登山客の姿が少ない明け方や夕方が多い。理由は、他の人が通常見られない一瞬の美に出会えるから。同じ場所でも季節や時間によって全く違う写真が撮れるから面白いと語る。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース