コロナ下で感じたことを表現 秋田美大生ら作品展示

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
ボードに葉を打ち付けて、跡を残そうとする来場者
ボードに葉を打ち付けて、跡を残そうとする来場者

 秋田市浜田の大森山公園で、秋田公立美術大学の学生や卒業生による作品が展示されている。テーマは「言葉」。学生たちが新型コロナウイルス下の時代で感じたことを記録するとともに、大森山公園で感じたことを表現しようと企画した。9月4日まで。

お気に入りに登録
シェアする

同じジャンルのニュース