フィギュア、三原がSP首位 河辺2位、げんさんサマーカップ

※写真クリックで拡大表示します
女子SPで演技する三原舞依=滋賀県立アイスアリーナ
女子SPで演技する三原舞依=滋賀県立アイスアリーナ

 フィギュアスケートのげんさんサマーカップ第3日は13日、滋賀県立アイスアリーナで行われ、女子ショートプログラム(SP)で昨季の四大陸選手権覇者の三原舞依(シスメックス)が69・16点で首位に立った。

 北京冬季五輪代表の河辺愛菜(愛知・中京大中京高)が66・58点で2位。昨季の世界選手権女王の坂本花織(シスメックス)は調整不足のために欠場した。

 男子は山本草太(中京大)がSPに続いてフリーも1位の168・69点を出し、合計263・84点で制した。友野一希(上野芝ク)が合計218・48点で2位、三浦佳生(オリエンタルバイオ・目黒日大高)が3位。

お気に入りに登録
シェアする

全国の最新ニュース