加賀と半田、潟上コンビ躍動 コロナで欠場多数のブラウ救う

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
【岩手―秋田】後半36分、ロングスローのこぼれ球を競り合う秋田の半田(右から2人目)。この後、シュートを決める=いわぎんスタジアム
【岩手―秋田】後半36分、ロングスローのこぼれ球を競り合う秋田の半田(右から2人目)。この後、シュートを決める=いわぎんスタジアム

 サッカー明治安田J2(22チーム)は13日、各地で第31節第1日の6試合を行った。ブラウブリッツ秋田は盛岡市のいわぎんスタジアムで岩手と対戦し、1―0で競り勝った。

ブラウブリッツ、岩手に競り勝つ 混戦から半田が決勝ゴール

 吉田謙監督と複数の選手が新型コロナウイルスの影響で欠場し、攻撃の起点だったMF輪笠祐士は岡山に移籍。厳しい状況で迎えた岩手との北東北ダービーだったが、秋田は持ち前の粘り強さを失わず、県出身選手が躍動した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース