コロナ禍の子どもたちへ、大輪の贈り物 3年ぶり男鹿日本海花火【動画】

会員向け記事

※写真クリックで拡大表示します
3年ぶりに船川港の夜空を彩った男鹿日本海花火
3年ぶりに船川港の夜空を彩った男鹿日本海花火

 「男鹿日本海花火」が14日夜、秋田県男鹿市船川港のOGAマリンパークで開かれた。新型コロナウイルスの影響による2年連続の中止を経て3年ぶりの開催。例年と同規模の約1万発が夜空を彩り、大勢の観客を魅了した。

 今回は「Presents 子どもたちの未来へ」をテーマに掲げ、コロナ禍で学校行事やイベントの中止、自粛が相次いだ子どもたちへの贈り物という意味を込めた。

 午後7時半に色鮮やかなスターマインで幕開け。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース