コロナの法的扱い、総合的に判断 厚労相、公費負担など

※写真クリックで拡大表示します
加藤勝信厚生労働相
加藤勝信厚生労働相

 加藤勝信厚生労働相は14日のNHK番組で、新型コロナウイルス感染症の感染症法上の取り扱い見直しについて「公費負担をどうするかなど総合的に考えながら判断する」と述べた。

 新型コロナは現在、感染症法で「新型インフルエンザ等感染症」と位置づけ、危険度が2番目に高い「2類」相当の措置を取っており、治療費用は公費負担となっている。岸田文雄首相は10日の記者会見で、感染症法上の取り扱いを変更する可能性に言及した。

 加藤氏は「考え方が変わるとすれば、ほかの医療とのバランスも考えないといけない。状況が刻々と変わっており、それに応じた対応を取る」と強調した。

お気に入りに登録
シェアする