水木しげるカレンダー限定発売 生誕100年、言葉と絵を厳選

※写真クリックで拡大表示します
「水木しげる記念館」のオリジナルカレンダーを持つ住吉裕館長=7日、鳥取県境港市
「水木しげる記念館」のオリジナルカレンダーを持つ住吉裕館長=7日、鳥取県境港市

 今年3月に生誕100年を迎えた漫画家、故水木しげるさんの言葉やイラストを収めた2023年のカレンダーがこのほど発売された。出身地、鳥取県境港市の「水木しげる記念館」が毎年作成するオリジナルで、1500部限定。記念館や通信販売で購入できる。

 見開きA3サイズの壁かけタイプで全16ページ。初期作の「貸本版墓場鬼太郎」やエッセーなど幅広い著作から、水木プロダクションの監修を受けて厳選した。

 「いまの子供たちが(中略)自然とともにオドロクことを味わえないのは不幸なことだ」の言葉には10代半ばに描いた昆虫と草花の水彩画を添えた。

 1部千円で、購入は1人5部まで。

お気に入りに登録
シェアする