北日本、北陸で大雨恐れ 台風8号は温帯低気圧に

 気象庁は14日、前線や低気圧の影響で、15~16日は北日本(北海道・東北)や北陸で大気の状態が非常に不安定となるとして、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫に警戒を呼びかけた。台風8号は千島近海で温帯低気圧に変わった。

 気象庁によると、前線を伴った低気圧が北日本に接近後に通過し、ここに暖かく湿った空気が流れ込むため、北日本や北陸は大気の状態が非常に不安定となりそうだ。

 15日夕方までの24時間予想雨量は、多い場所で東北、北陸100ミリ。その後の24時間は東北100~200ミリ、北海道100~150ミリ、北陸50~100ミリ。

お気に入りに登録
シェアする

全国の最新ニュース