飲酒で寝込み捜査資料紛失、兵庫 帰宅途中に路上で、男性警部

※写真クリックで拡大表示します
兵庫県警本部
兵庫県警本部

 兵庫県警は14日、生活経済課の男性警部(49)が部下と飲酒し、帰宅途中に路上で寝込み、事件関係者ら約400人分の氏名などが記載された捜査資料を紛失したと発表した。県警は捜索中だが個人情報の悪用は確認されていないとしている。

 資料には事件の容疑者の住所、職業、氏名、生年月日のほか事件関係者約400人の氏名などが記載されていた。

 警部は12日午後8時半ごろから部下2人と同県西宮市内で飲酒。午後11時ごろ2人を駅に送ったあと徒歩で帰宅途中、路上で寝込み、13日午前5時ごろに目覚め、捜査資料の入った手提げかばんがなくなっていることに気付いたという。

お気に入りに登録
シェアする