中国、西村経産相の参拝に抗議 「歴史問題に対する誤った態度」

 【北京共同】中国外務省の汪文斌副報道局長は14日、西村康稔経済産業相の13日の靖国神社参拝について「A級戦犯が合祀されている靖国神社を参拝することは日本政府の歴史問題に対する誤った態度を示している」と述べ、日本側に抗議の申し入れを行ったことを明らかにした。中国外務省が発表した。

 汪氏は「日本側が侵略の歴史を直視し、深く反省し、実際の行動でアジアの隣国や国際社会の信頼を得るよう促す」などと指摘した。

お気に入りに登録
シェアする