わらび座と横手市がフレンドリータウン協定 互いの魅力発信

会員向け記事

記念撮影に納まる(左から)高橋市長、川井田さん、今村代表理事

 劇団わらび座(秋田県仙北市)と横手市は12日、資源を活用し合うフレンドリータウン協定を結んだ。相互の魅力発信、人材育成など5項目で連携する。協定締結は県内7市町村目。

 横手市役所で開いた締結式で、わらび座の今村晋介代表理事と高橋大市長が協定書に署名した。今村氏は「5年前には、横手のかまくらを題材にミュージカル『赤いほっぺ』を上演した。今後も横手の魅力をPRしたい」、高橋市長は「わらび座の劇は極めて重要な宝。ささやかながら存続に協力していきたい」と話した。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース