終戦77年・二つの戦禍(2)引き揚げ経験者 「憎しみの連鎖防いで」

有料会員向け記事

 母に手を引かれ国境へと向かう小さな背中、再会を誓い合い号泣する父と子―。

 秋田市寺内の岩谷輝雄さん(80)は、ロシアによる侵攻で家族と引き裂かれ、生活の場を追われるウクライナの子どもたちが「自分と重なって見えた」と話す。

父充昌さんの軍隊手帳に記された出征履歴を振り返る岩谷さん

 先の大戦時、岩谷さんは朝鮮半島からの引き揚げを経験した。当時は3歳で記憶は断片的だが、終戦間際に召集された父充昌さんと別れ、弟を身ごもっていた母アイさんに連れられて日本に向かった道程を覚えている。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース