広島でヘリ墜落、男性死亡 愛媛離陸し連絡絶つ

※写真クリックで拡大表示します
広島県神石高原町の現場
広島県神石高原町の現場

 15日午後3時ごろ、第6管区海上保安本部(広島)から広島県警に「ヘリコプターと連絡が取れなくなった」と通報があった。県警によると午後5時半ごろ、同県神石高原町の仙養ダム近くの沢でヘリが墜落しているのが見つかった。付近でパイロットとみられる男性1人が発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。

 ヘリは民間のもので、愛媛県を離陸、搭乗者は男性1人だったとみられる。広島県警は身元の確認を進めている。国土交通省は航空事故と認定、運輸安全委員会は航空事故調査官を指名し、原因などを調べる。

お気に入りに登録
シェアする