クロスボウ所持許可制へ、30日に講習会 秋田県警

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
改正銃刀法により、9月15日から所持が原則禁止となるクロスボウ(県警提供)
改正銃刀法により、9月15日から所持が原則禁止となるクロスボウ(県警提供)

 ボーガンとも呼ばれるクロスボウ(洋弓銃)の所持が9月15日から原則禁止される。許可を受けないままクロスボウを持っていると違法となり、不法所持や目的外使用には3年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられる。秋田県警は、今後も所有を希望する人を対象に8月30日、秋田市山王の県警本部で、許可を受けるための初の講習会を開く。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース