地方点描:いつもの夏[鹿角支局]

会員向け記事

 「いつもの夏」がやってくるのです―。鹿角市最大の行事「花輪ばやし」の開幕が19日に迫った。1日に発行された情報誌「花輪ばやしマガジン」第36号は、特集で祭りの未来を担う中学生20人のメッセージを紹介。冒頭の言葉は、そこにつづられた一節だ。3年ぶりの開催を心待ちにする様子が伝わってくる。

 「祭りのない夏は、とてもさみしかった」「伝統行事の大切さ、人とのつながりの素晴らしさに気付かされた」。特集で生徒たちはコロナ禍で中止となった2年間を振り返りながら、「花輪の人たちを明るく、元気にしてあげたい」などと、今年の祭りへの思いを寄せている。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース