反トランプ急先鋒議員が敗北 チェイニー氏、共和予備選

※写真クリックで拡大表示します
米ワイオミング州の共和党予備選で敗れ、支持者を前に演説するリズ・チェイニー下院議員=16日、ジャクソン(ゲッティ=共同)
米ワイオミング州の共和党予備選で敗れ、支持者を前に演説するリズ・チェイニー下院議員=16日、ジャクソン(ゲッティ=共同)

 【シャイアン共同】米西部ワイオミング州で16日、11月の中間選挙に向けた連邦下院選の共和党予備選が投開票された。昨年1月の議会襲撃を巡って同党のトランプ前大統領批判の急先鋒に立ってきた現職リズ・チェイニー議員(56)が敗北、トランプ氏推薦の刺客候補が勝利した。2024年大統領選で再出馬をにらむ同氏は党内での強い影響力を誇示した。

 チェイニー氏は、ブッシュ(子)政権で副大統領を務めたディック・チェイニー氏を父に持つ大物で当選3回。トランプ氏を厳しく非難し、昨年5月に下院共和党ナンバー3のポストを解任された。

お気に入りに登録
シェアする