タイキシャトルが死ぬ 国内外のG1で5勝

※写真クリックで拡大表示します
1998年8月、フランスのG1レース、ジャックルマロワ賞を制覇したタイキシャトル(手前)(共同)
1998年8月、フランスのG1レース、ジャックルマロワ賞を制覇したタイキシャトル(手前)(共同)

 国内外の競馬G1レースで5勝を挙げたタイキシャトルが17日、老衰のため北海道新冠町の牧場で死んだ。28歳だった。引退馬協会が発表した。

 G1では3歳時の1997年にマイルチャンピオンシップとスプリンターズステークスに勝利。翌年には安田記念やフランスのジャックルマロワ賞を制覇し、年度代表馬に輝いた。通算成績は13戦11勝(うち重賞8勝)。引退後は種牡馬となり、2003年のNHKマイルカップを制したウインクリューガーなどを出した。

お気に入りに登録
シェアする