将棋の里見、女性初の棋士目指す 18日にプロ編入試験

※写真クリックで拡大表示します
里見香奈女流五冠
里見香奈女流五冠

 女性初の将棋棋士を目指す里見香奈女流五冠(30)が挑むプロ棋士編入試験5番勝負の第1局は18日、大阪市の関西将棋会館で行われる。試験は新人棋士5人と対戦し、3勝すれば合格。里見五冠は初戦で徳田拳士四段(24)と対局、夢への挑戦が始まる。

 将棋のプロは棋士と女流棋士がいて制度が異なり、棋士になるには養成機関の奨励会を卒業するか、編入試験合格が条件。現行制度の受験者は今泉健司五段(49)、折田翔吾四段(32)に続いて3人目で、女性では初めて。過去2人の受験者はいずれも合格している。

 里見五冠は島根県出雲市出身。終盤の鋭さから「出雲のイナズマ」と呼ばれる。

お気に入りに登録
シェアする