「日本酒に異物混入」と不審電話、全国で相次ぐ 日の丸醸造でも

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 「日本酒に異物が混入していた」などとして現金を要求する不審電話が、全国の酒造会社に相次いでいる。秋田県内でも確認されており、日本酒造組合中央会が各社に注意を呼びかけている。

 横手市増田町の酒造会社「日の丸醸造」(佐藤譲治社長)には1日午前、茨城県に住むという男性から電話があった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース