宇宙旅行の保険開発へ JAXAと三井住友海上

※写真クリックで拡大表示します
2021年9月、米フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられるスペースXの宇宙船クルードラゴンを搭載したロケット。民間人だけの地球周回旅行は世界初となる(UPI=共同)
2021年9月、米フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられるスペースXの宇宙船クルードラゴンを搭載したロケット。民間人だけの地球周回旅行は世界初となる(UPI=共同)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三井住友海上火災保険は、将来的に宇宙旅行の需要が高まることを見据え、保険商品の開発に乗り出す。民間人の宇宙旅行は、ごく限られた人のみが経験しているが、一般化するまでに商品化を目指す。病気やけが、物品破損の補償など既存の旅行保険のような形に加え、出発前や帰還後の身体変化の補償も検討している。

 JAXA側は宇宙滞在中や訓練時の事故や原因などの情報を提供、三井住友海上がリスク評価やニーズをくみ取る。昨年、宇宙空間に滞在した民間人は計29人で、初めて宇宙飛行士の数を上回った。

お気に入りに登録
シェアする