北海道太平洋側で大雨の恐れ 土砂災害に注意呼びかけ

 北海道の太平洋側では19日にかけて断続的に雷を伴った激しい雨が降る地域があり、気象庁は18日、大雨による土砂災害や低地の浸水、河川の増水に注意を呼びかけた。雨雲の動きや発達の程度次第では警報級の大雨となる地域が拡大する恐れがあるとしている。

 東日本や西日本では18日夜までの雨で地盤が緩んでいる地域があり、天候が回復した後もしばらくは土砂災害や河川の増水に警戒が必要だ。

 気象庁によると、前線を伴った低気圧が三陸沖から19日にかけて北海道の南海上を東に進む見込み。北海道の太平洋側では19日夕方までの24時間に100ミリの雨が降る可能性があるとしている。

お気に入りに登録
シェアする