ゲイツ氏「感染症対策議題に」 来年の広島サミットで

※写真クリックで拡大表示します
保健分野の課題を話し合うフォーラムで講演するビル・ゲイツ氏=18日午後、東京都千代田区
保健分野の課題を話し合うフォーラムで講演するビル・ゲイツ氏=18日午後、東京都千代田区

 米IT大手マイクロソフト創業者で、慈善事業に取り組むビル・ゲイツ氏は18日、保健分野の課題を話し合う東京都内のフォーラムで講演し、来年5月に広島市で開かれる先進7カ国首脳会議(G7サミット)で感染症対策を議題に盛り込むよう日本政府に要請した。

 新たな感染症の発生に備え、流行を早期に抑え込む国際的な即応チームの設置を提言した。ゲイツ氏は慈善団体「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団」の共同議長を務めている。

 新型コロナ禍を踏まえ「ウイルスに国境はない」と指摘。「ある国や地域の成長が停滞すれば、近隣国におけるビジネスの機会や安定性も損なわれる」と述べた。

お気に入りに登録
シェアする