「不信任は違法」と提訴 失職の前あきる野市長

※写真クリックで拡大表示します
7月、不信任決議の可決後、記者会見する東京都あきる野市の村木英幸市長(当時)=あきる野市役所
7月、不信任決議の可決後、記者会見する東京都あきる野市の村木英幸市長(当時)=あきる野市役所

 東京都あきる野市議会による2度の不信任決議可決で失職した村木英幸前市長(65)は18日、決議は違法として、議会に取り消しを求め東京地裁に提訴したと明らかにした。提訴は16日付。市内で記者会見し「市長の執行権を侵害し、市の業務を妨害した」と議会を批判した。

 村木氏は今年6月の最初の不信任決議可決を受け、議会を解散した。しかし7月の市議選後に再び決議が可決され、地方自治法に基づき失職した。

 9月4日投開票の市長選には村木氏の他、元市議中嶋博幸氏(55)が立候補を表明している。

お気に入りに登録
シェアする