基準超シアン検出を報告せず 千葉の工場、日本製鉄謝罪

※写真クリックで拡大表示します
記者会見で謝罪する日本製鉄東日本製鉄所の谷潤一所長(左から2人目)ら=18日午後、千葉県庁
記者会見で謝罪する日本製鉄東日本製鉄所の谷潤一所長(左から2人目)ら=18日午後、千葉県庁

 日本製鉄は18日、同社の東日本製鉄所君津地区(千葉県君津市)の排水を検査した結果、2019年2月から22年4月まで、基準値を超える量の有害物質シアンを少なくとも計39回検出していたにもかかわらず、千葉県に報告していなかったと発表した。製鉄所の所長らが県庁で記者会見して謝罪し、今後は原因究明に努めるとしている。

 県は製鉄所のこれまでの報告内容が不適切だったと判断し、18日から立ち入り検査を始めた。

 日鉄によると、今年6~7月に実施した排水の水質検査で、県に一部の数値しか報告していなかったことが判明。調べると、排水口から基準値超えのシアン検出が多数あった。

お気に入りに登録
シェアする