コロナ第7波直撃、病院や消防が人手不足に

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県内の新型コロナウイルス感染者が過去最多を更新している流行「第7波」では、市民生活を支える病院や消防、高齢者施設の職員が感染したり、濃厚接触者になったりする例も多く、現場の態勢に影響が直撃している。人繰りがつかず通常の態勢を維持できなくなり、病院では診療を制限するケースも。県内の感染者は増加傾向にあり、影響の広がりが懸念される。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース