大雨で通行止めの国道105号 24日めどに迂回路開通

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県は、大雨による土砂崩れで16日夜から通行止めとなっている仙北市西木町上桧木内の国道105号の仮設迂回路を24日をめどに開通させる。国道の復旧時期は見通しが立っていない。

 県道路課によると、通行止め区間は北秋田市阿仁長畑字長畑までの約13キロ。上桧木内地内にあるカーブの道路脇の斜面が崩れ、土砂が道をふさいでいる。

 迂回路は延長100メートル、幅10メートルの2車線道路。カーブの内側の草地を切り開いてアスファルト舗装し、対面通行できるようにする。

お気に入りに登録
シェアする

秋田の最新ニュース