トレーラーハウスを災害時の避難所に にかほ市、2社と協定

会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します
災害時に活用されるトレーラーハウスのイメージ(カンバーランド・ジャパン提供)
災害時に活用されるトレーラーハウスのイメージ(カンバーランド・ジャパン提供)

 秋田県にかほ市は、災害時に可動式住居「トレーラーハウス」を避難所として活用する。トレーラーハウスの提供に関する協定を民間企業2社と締結した。

 2社はトレーラーハウスを製造・販売する長野市のカンバーランド・ジャパン(原田英世社長)と、同社の代理店であるにかほ市のナーシングホーム&リゾーツ(髙橋繁喜社長)。協定では、地震や水害などの災害発生時、にかほ市は両社にハウス提供を要請でき、両社は保有するハウスを車両でけん引して避難場所まで持ち込み、設置するとしている。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース