知事の「比内地鶏は硬い」発言に涙と怒り ブランドイメージに悪影響を懸念

有料会員向け記事
※写真クリックで拡大表示します

 佐竹敬久知事の比内地鶏を巡る発言が波紋を広げている。今月の記録的大雨で被害を受けた農家への支援を求められた際に「(食感が)硬い。値段は(一般の鶏肉の)3倍だが3倍うまいかは分からない」などと発言。「大雨被害の直後にする発言か」「手間暇かけて比内地鶏を育ててくれている生産者に謝ってほしい」―。県内の生産者や販売業者、飲食店関係者の間に憤りと困惑が広がる。秋田を代表するブランド食材のイメージ低下を懸念する声も上がっている。

 比内地鶏の処理販売業者「本家比内地鶏」(大館市)の阿部健二専務(38)は、知事の発言を知った比内地鶏農家から電話を受けた。今月の大雨で数千羽を失った男性農家は涙声だった。

お気に入りに登録
シェアする

秋田魁新報(紙の新聞)は購読中ですか

紙の新聞を購読中です

秋田魁新報を定期購読中なら、新聞併読コース(新聞購読料+月額330円)がお得です。

新聞は購読していません

購読してなくてもウェブコースに登録すると、記事を読むことができます。

秋田の最新ニュース